西日本ジェイアールバス株式会社特集

JRの看板を背に、バスを走らせるやりがい。大型2種免許や経験がなくても可、女性バス運転士もJRグループの一員として活躍中!

勤務時間や休日も安心。長く働ける労働環境のもと、希望のキャリアへステップアップ。

バス運転士を志した理由をお聞かせください

子供の頃から親しみのあったバス。いつか運転したい!

学生時代から運転が大好きで、ツーリングやドライブによく出かけたんですが、僕の地元である京都をツーリングしていると、田舎道をJRのバスが走っているんですね。もともと子供の頃からよく目にして慣れ親しんでいたバス。「このバスを運転したい」という想いを強く持つようになりました。

バス運転士の父の背中を見て、幼心に憧れ。

私は父が民間バス会社の運転士をしていたんですね。それで幼いころは父の運転するバスによく乗りました。そうして父の背中を見るうち、「僕もバス運転士になりたい」という憧れが芽生えていったんです。

野口遼太さん

PROFILE

野口遼太さん

  • 30歳
  • 入社2年半
  • 前職:家電量販店の販売職

大型2種免許なし・未経験からスタートし、西日本JRバスの一般路線バス運転士を経て、現在、高速線運転士に。バイクや車が大好きで営業所内のツーリングサークルにも入っているほど。運転好き同士、先輩後輩に関係なく和気あいあいと話せる職場環境。

西日本JRバスを希望した理由は何ですか?

大型2種免許なし、未経験でも、JRグループの運転士に。

僕は大型2種免許を持っていませんでしたが、西日本JRバスはそれを会社負担で取得させてくれるので、僕のような未経験でもチャレンジできたんです。なにより、JRグループのバスで公共交通の運転士として、みんなの役に立てる。それが大きな魅力でした。

西日本JRバスの高速バスを走らせる、運転士としての憧れ。

私は別の会社で路線バスの運転士をしていたんですが、「西日本JRバスの高速バスに乗りたい」という強い憧れがありました。ただ当時は運転士の募集がなかなかなく、2〜3年待って募集が始まった時にすぐ応募しました。

松田順治さん

PROFILE

松田順治さん

  • 40歳
  • 入社5年2ヵ月
  • 前職:民間バス会社の路線バス運転士

西日本JRバスの高速バス運転士になる夢を抱いて、他バス会社から転職。入社後、一般路線バス運転士として活躍後、念願の高速バス運転士として現在、意気揚々と活躍中。営業所内は冗談も飛び交う和らいだ空気の中、ムードメーカーの一人として愛される存在。

入社後、運転士として乗務するまでのステップは?

まず一般路線バス運転士として、未経験でも訓練で順調にひとり立ち。

入社後はまず一般路線バス運転士として活躍できるよう、みっちりと訓練があります。これを修了して、当社の運転士試験に合格したら、実際の路線を、指導運転士の先輩と一緒に走行することからスタート。こうして知識と技能を十分習得して実務に就くので、僕のように未経験からでも一人前の運転士になれるんです。

一般路線バス乗務の実績を積んだのち、高速バス運転士へ。

私も一般路線バスの訓練から始めました。私の場合、経験があるからこそ初心にかえって気を引き締めるよう、厳しく指導してもらいました。運転士としての心構え、接客サービスの意識…どれも今、自分の肥やしになっていることばかりです。高速バス運転士になるのは、一般路線バス運転士の経験を積んだのち。高速バス訓練によって、車両の大きさも走行スピードも全く違う条件で、安全をしっかりと守って運転できるよう、技術・知識を習得します。

入社して実感した、西日本JRバスの良い点は?

免許や資格を会社の費用負担で取得でき、キャリアアップ。

免許や資格の取得を会社が奨励して、費用を会社負担で取得させてもらえるんです。僕はサービス介助士といって、体の不自由な方や高齢の方をサポートする資格を取得しましたが、ほかにも運行管理者や整備士、衛生管理者、危険物取扱者など様々な資格の取得を支援してもらえます。

一般路線バス乗務の実績を積んだのち、高速バス運転士へ。

勤務時間の配慮や休日休暇の充実など長く働ける環境が整っていると思います。ドリーム号は運転士1人体制で、目的地までの途中で交代。そこで必ず1泊か半泊、宿泊施設のベッドで休養します。また「朝、営業所に戻ってきて、夜また走る」ということが基本的にはなく、その場合翌日の勤務は必ず休む決まりに。私たちの健康管理、そして安全管理に十分配慮してくれていると感じますね。

衝突防止補助システム、ドライブレコーダー、ブレーキシステム、車両安定制御システム、ドライバーモニターなど、安全性を高める最新の装置を順次導入している、西日本JRバスの高速バス「ドリーム号」の車両

西日本JRバスの運転士のやりがい、また今後の目標は?

JRブランドのもと、ドリーム号を走らせるやりがい!

お客様からの「ありがとう」がやはり一番のやりがいです。お客様にとって安全・安心な運転、またご満足いただける接客サービスを心がけているので、お客様からの温かいお声がけが嬉しいですね。ドリーム号というJRの夜行高速バスに乗務するのは憧れでもありました。バスでありながら寝台列車にも通ずる、鉄道のような要素があると思うんです。このドリーム号に乗務する自負、そしてJRブランドのもとで働く高い意識を持って職務にあたっています。今後は、運転スキルをさらに磨いて、指導運転士の資格を取るのが目標です!

将来、希望に応じた道の可能性が開かれている。

憧れであったJRの高速バス運転士として活躍できることが大きなやりがい。毎日高いモチベーションで仕事をしています。こうして現場で実績を築き、信頼を得て、責任ある仕事を任され、会社に貢献することが私の目標です。私たちの仕事は交通従事者として責任ある職務。その分、大きなやりがいがあります。また当社は将来、運転士にとどまらず、助役・所長への昇進や本社勤務など色々な可能性が開かれています。ぜひ心からバスが好きで、意欲があって責任感ある方に、私たちの仲間になってほしいと思います。

西日本JRバスの求人情報はこちら

お客様からの「ありがとう」の言葉はバス運転士ならではの喜び。

バス運転士になろうと思ったきっかけ、理由はなんですか?

自分に何が出来るか?と考えたときに大好きな運転を仕事に。

仕事を選ぶ際、自分に何が出来るか?と考えたときに大好きな運転を仕事に出来ないかと考えました。トラックの運転を続けることも選択肢にありましたが、体力的に厳しいこともあったため、大型二種免許を取得してバスの運転士を目指してみよう、と思ったのがキッカケです。

中谷一美さん

PROFILE

中谷一美さん

  • 入社2年半
  • 前職:バス運転士

トラック運転手、他会社でのバス運転手を経て平成26年9月に入社。入社後、運転士養成訓練を修了し、JRバス運転士としてデビュー。現在、金沢市内を運行する一般路線バスに乗務中。

なぜ、西日本JRバスに入りたいと思ったのですか?

第一号の女性運転士になることができると思い、チャレンジ。

金沢市内を走るJRバスに「運転士募集」の広告を見て、すぐに問い合わせてみました。その時、対応してくださった方がとても親切な応対で『女性運転士は現在いませんが応募してはいかがでしょう』と言われたため、第一号の女性運転士になることができると思い、チャレンジしました。実際に入社してみると、問い合わせた時と同じ印象の方々で、信頼できる上司や同僚と毎日和気藹々と過ごせるアットホームな雰囲気の職場でした。

バス運転士の仕事のやりがい、また大変な事はなんですか?

お客様からの「ありがとう」やお褒めの言葉。

お客様を無事に目的地までお送りできたときの安心感はもちろん、何よりもお客様からの「ありがとう」やお褒めの言葉をいただいたときですね。その分、お客様の命を預かっているというプレッシャーも感じています。また、安全運転には自分自身が健康であることが重要ですので、日々の体調管理の難しさもあります。

どういう部分が変わると女性乗務員が増えると思いますか?

女性を受け入れる体制を整備することが必要。

乗務する時間帯を限定できたり、行路の内容を見直したり、時間帯限定の社員を採用したりということを取り入れ、女性を受け入れる体制を今以上に整備することで、女性も働きやすくなると思います。

これからバス運転士を目指す方へメッセージをお願いします。

思い切ってチャレンジしてほしい。

安全運転はもちろん丁寧な案内に努め、無事に目的地に到着したときの、お客様からの「ありがとう」やお褒めの言葉をいただいた時の喜びは他の仕事ではなかなか味わうことの出来ないものだと思います。「バスを運転することが小さい頃からの夢だった・・・」「何か新しい仕事がしてみたい・・・」「バスの運転士になりたいけど自信が無い・・・」と迷っている方は是非思い切ってチャレンジしてほしいと思います。私たちと一緒に「西日本JRバス」を盛り上げていきましょう。

人事担当者よりメッセージ<本田人事課長>

JRグループの一員として、定年まで活躍できる労働環境、開かれた昇進の道。

西日本JRバスでは現在30名の運転士を募集しており、若手や女性の応募も大いに歓迎しています。
大卒入社後1年半で高速バス運転士として活躍する人もいますよ。今後、高速ネットワークを多方面に広げる計画、またより快適な労働環境づくりのために、人材の充実を図っていく考えです。

当社で働く魅力としては、JRグループの一員として、定年まで安心して働いていただける環境が挙げられます。給与体系や労働時間・休日休暇の管理を徹底し、無理なく長く活躍できる環境です。また将来のキャリアアップが多方面に開かれている点も魅力。運転士から指導運転士などを経て、助役や所長となる道、あるいは本社にて管理の職務に就く道、希望や意欲に応じてどちらに進むこともできます。

当社で活躍していただける人材としては、真面目でひたむきに業務に取り組んで頂ける方。採用も、運転技術は訓練で習得できるので、それよりも安全・安心でお客様本位のサービスを実施する企業方針に共感していただけることに重点を置いています。実際に採用した人は約半分が未経験入社ですね。西日本JRバスの運転士として、社会に貢献したい方、JRグループの一員として誇りを持って活躍したい方の意欲的なご応募をお待ちしています。

安全・安心な運行のための徹底した取り組み

最新の安全システム、安全教育の徹底。

お客様の安全確保を最大の使命と考える西日本JRバスでは、運転士への安全教育も徹底しています。安全考動車の導入もその一環。移動式の研修施設として、全営業所に巡回し、過去の事故を教訓とした再発防止対策教育を実施し、安全考動の意識付けを図っています。また車両の安全対策も徹底。モービルアイや安全運行支援装置の設置、また新制車両は、衝突被害軽減ブレーキシステムなど、最新の安全システムを搭載し、ヒューマンエラーを防ぎ、さらなる安全を構築しています。

高速バスの座席管理も最新システムで効率化。

タブレット一つで座席管理などを行える新型の車載端末システム。業務を効率化して乗務員負担を軽減すると共に、西日本JRバスが力を入れるお客様サービスの向上につなげています。

西日本JRバスの求人情報はこちら

「どらなび」スタッフからのひと言」

取材して感じたのが、皆さん、とても丁寧に応えてくださること。真面目さを採用方針に挙げておられる点がよく分かり、こんな運転士さんだったら、お客さんとしても安心で気持ちが良いだろうなあと思いました。営業所内でも皆さん元気に挨拶してくださったり、帰りには手を振って見送ってくれたり、社内の明るさが伝わってくる取材。JRグループの一員として活躍する誇りや、無理なく働ける勤務体系も、明るい笑顔が自然に生まれる理由ではないかなあと感じました。