どらなびEXPOステージイベント特別コンテンツ

トークセッション

『どらなびEXPO2019春』東京会場のステージイベント『女性バス運転手によるトークセッション』で、現役女性バス運転手の方にお話し頂いた内容をご紹介!
男性のイメージが強いバス運転手という仕事に興味を持ったきっかけ、現在の仕事内容、バス運転手を目指す方へのメッセージ等を語って頂きました。現役運転手の方のお話しは転職活動に役立つこと間違いなし!

今回ご登壇頂いた女性バス運転手の皆様

京王バス南株式会社Sさん

しずてつジャストライン
株式会社 Yさん

東京空港交通株式会社Mさん

目次

現在のお仕事内容を教えて下さい。

しずてつ
ジャストライン
Yさん
現在は、自動車学校で大型二種免許を取得中です。高校卒業後に入社し、大型二種免許を取得できるようになるまでの3年間は、会社で事務の仕事をしていました。今年で3年経過したので、4月から大型二種免許の取得に挑戦しています。今ちょうど仮免許を取得したばかりなので、免許の取得と研修を経て、早くて今年の8月か9月頃には公道で走れるようになると思います。
東京空港交通
Mさん
空港ターミナルビルから搭乗場所に送迎する、ランプバスを担当しています。ランプバスは横幅約3m、長さ13mで、公道では走れない大きなバスです。空港の中にいくつかある車庫に待機していると、会社から無線で「今何便が来たからここのスポットに行って」と駐機する場所の番号を言われるので、指示された場所に向かいます。大きなバスを運転しますが、道も広いので運転しやすいです。
京王バス南
Sさん
主に多摩地区の路線バスを担当しています。道幅が広くて走りやすいですが、坂道が多いです。シフトによっては、高速バスやリムジンバスを担当することもあります。

バス運転手になろうと思ったきっかけを教えて下さい。

京王バス南
Sさん
前職はパートタイムでクリーニング店の受付業務を8年ほどやっておりました。何かやりたいなと思ったときに「バスがいいよ」「バスはお客様が乗ってきて下さるよ」という仲間のアドバイスがありまして、この仕事に就きました。元々運転は好きで以前はトラック関係の仕事をしていたのですが、トラックだと力が必要だったり、拘束時間も長かったり、走行ルートも自分で考えたりする、ということがありました。バス業界だと時間もある程度決まっているので、そういう点が自分に合っているのかなと思いました。
東京空港交通
Mさん
以前働いていたのもバス会社で、企業送迎バスや路線バスを運転していたのですが、その前は全く運転の仕事をしたことがありませんでした。目指したきっかけは、大型車に乗っている方がすごく格好よく見えて、大型車に乗りたいと憧れたことです。ランプバスは特殊な車両なので、今は運転することができてとても嬉しいです。大型一種免許までは自力で取得して、その後大型二種免許は会社の養成制度を使って取りました。
しずてつ
ジャストライン
Yさん
小さい頃バスに乗って遠足に行く時、当時は乗り物酔いがひどくていつも前の方の席に座っていたのですが、その時に運転席を見て、大きなバスを動かしている姿が本当にかっこいいなと思っていました。高校生になりバス通学していた時、女性の運転手さんが運転している姿を見て、ちょうど就職活動もしていた時だったので、「女性もできる仕事なんだ!」と思ってバス運転手を目指すようになりました。

転職・就職活動中に不安なことはありましたか?

しずてつ
ジャストライン
Yさん
たくさんの人を乗せる仕事なので、事故の不安はありますが、バスの運転手になりたいという気持ちの方が大きいので、今は楽しみな気持ちでいます。毎日通学で乗っていたので、「自分も早く運転してみたいな」「お客様に『ありがとうございます』って言ってもらいたいな」と思っています。
東京空港交通
Mさん
私はもともとオートマ限定の免許しかなく、マニュアル車のことが全く分からなかったので、いきなりお客様を乗せてバスを運転することが不安でした。その為、自分でレンタカーを借りて、マニュアル車の練習したこともありました。会社では先輩方が細かいところまで優しく教えて下さったので、克服できました。
京王バス南
Sさん
私の場合は、性格のおかげか、前に進むことが大好きなので、何も不安はなかったです。また、仲間がいてくれることが本当にありがたいなと思います。一緒に働く仲間がいたので不安はなかったですね。同僚とは休みが合うと、一緒に釣りに行ったり、バイクで出掛けたりして、仕事以外でも仲間と過ごすことも多いですね。

女性のバス運転手を増やす為に必要だと思うことを教えて下さい。

京王バス南
Sさん
「女性だから」という思い込みが世間的にも減っていけば、もっと働きやすい環境になるのではないかと思います。色々なお考えの方がいらっしゃるので、中には、運転は「女性のする仕事じゃない」という方もいらっしゃいます。そこは負けずに運転技術でカバーしていますが、たまにそういったお考えの方がいらっしゃることがあります。
東京空港交通
Mさん
やはりまだ男性の仕事というイメージが強いと思います。買い物に行く時にイベントや催し物をやっているのを見て、その場所で女性向けのイベントをしたら若い方も来るし、スーパー等でイベントをしたら幅広い年齢層の方にアピールできるのではないかと思います。もう少しイベントで宣伝していけると良いなと思います。
しずてつ
ジャストライン
Yさん
女性も仕事をしてく上で男性とちょっと距離を置きたい時もあるかと思います。営業所の施設には、まだ男性と一緒に食事をとるスペースもあるので、女性専用のスペースというのを確保できていければ良いと思います。私の会社でも女性専用のスペースも整備されているところなので、「女性専用のスペースがある」ということも広く発信していければいいなと思います。

バス運転手になってよかったと思った瞬間は何ですか?

京王バス南
Sさん
まず景色ですね。四季折々の景色を一年中見ることができます。どこに出向かなくても、例えば信号待ちや休憩の時に桜を見られることが大変良かったです。それとプライベートでバスを乗った時に、「自分もこういう仕事をしているんだな」と実感したときですね。
東京空港交通
Mさん
お客様の中で「ありがとう」と言って下さるお客様もすごく嬉しいのですが、ニコニコして笑顔で降りて行かれる方を見ると、「これからお出掛けする方のちょっとしたお手伝いができたのかな」と思います。そういうのを見たときによかったなと実感しました。
しずてつ
ジャストライン
Yさん
実際にバス運転手として働くのはこれからですが、お客様に気持ち良く乗車して頂けるような運転手になりたいと思います。運転や接客が上手で、尊敬できる先輩方が沢山いるので、その様な運転手になりたいなと常に思っています。

バス運転手を目指す方へのメッセージをお願いします。

しずてつ
ジャストライン
Yさん
私はまだ駆け出しですが、現役運転手の方からも「運転手の仕事は楽しいよ」とよく言われるので、バスの運転手って楽しい仕事なんだなと思います。是非、皆さんと一緒に働けたらなと思います。
東京空港交通
Mさん
私はオートマ限定からバスの運転手を目指したので、最初は何もわからなかったのですが、一生懸命努力すれば夢は叶うと思っています。皆さんも思いやりのある優しい運転手さんになって下さい。
京王バス南
Sさん
バスの運転手は技術職です。人より上手くなりたいという気持ちを大切にして頑張って下さい。

おわりに

現役女性バス運転手のお話はいかがでしたでしょうか。
少しでも、皆さんの転職活動の参考になれば幸いです。今後も『どらなびEXPO』では、トークセッションを実施し、現役バス運転手の方にお話し頂きますのでお楽しみに!

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ

女性のためのバス運転手専門求人サイト バスドライバーnavi Woman OPEN!