ステージイベント

人事課長によるトークセッション 東京会場

『どらなびEXPO』特設ステージの大人気コンテンツ『人事部長・課長トークセッション』!
今回は『どらなびEXPO2019春』東京会場のトークセッションの内容をご紹介します。
各社の会社の特徴や、キャリアパスなど、部長・課長ならではの観点で切り込みます!バス運転手を目指す皆様、必見です!

今回ご登壇頂いたバス会社様

神奈川中央交通グループ

東京空港交通株式会社

日の丸自動車興業株式会社

(順不同)

目次

会社の事業内容・規模感を教えて下さい。

観光バスを主として、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県を営業拠点としております。車両台数は160両程度、運転手の数は4拠点合わせて140名弱の規模の会社です。通常の観光バスだけではなく、オープントップバス・水陸両用バス等、特殊なバスを扱っているのが特徴です。
成田空港と羽田空港にオレンジ色の空港リムジンバスを運行しています。また、両空港の空港内のランプバスを運行しています。営業所は千葉県に1か所、東京都に3か所あります。ランプバスについては、両空港にそれぞれ営業所があります。車両数は534両、社員は全体で1,050名、運行業務従事者は、運行管理者も含めて900名前後でございます。
創業1921年、2021年に創立100周年を迎えます。車両数は2,102両、運転手の在籍者数は3,700名を超えます。1日の総走行距離数は約地球5周分にもなります。

会社の特徴を教えて下さい。

社歌の中に、当社の使命である「県民に捧ぐ奉仕という心で事業を継続せよ」との一節があります。社員一人ひとりの心の中に、その思いが引き継がれているような会社です。『どらなびEXPO』で当社のブースに来て頂く方の中には、「いつも神奈中のバスを利用しています」とご挨拶される方もいらっしゃいます。
首都圏で最大規模の航空旅客に特化したバス事業を展開する唯一の会社です。また、空港内の制限区域内でランプバスを運行しているのも当社だけです。社風としては、現在Friendlyという社是を、Friendly for allへと進化させております。先輩社員がきめ細かに、若手の社員に親切丁寧に指導しているのも特徴の一つです。運行管理者と運転手との関係も良好で、よく運転手からは、「運行管理者が自分のことをこんなに心配してくれる会社は今までになかった」と言われることもあります。Friendly for allという社是が社風になっていると思います。
新しい、特殊なバスも運行している為、そういったバスにも乗務できるチャレンジというところは強く打ち出しています。特殊な車両ですから「経験が必要なのかな」と思われる方もいるかもしれませんが、今は無料巡回シャトルバスなど様々な業態があり、未経験の方もまずそこから始めて、ステップアップしていく仕組みを取り入れています。例えば水陸両用バスでいうと、元々観光バス運転手として長年勤務したベテラン運転手に「水陸両用バスに乗務しないか」と声を掛けていくのです。当初、本人には乗務する気持ちはなかったのですが、会社として新しい業態にチャレンジする姿勢に共感を持ってもらい、会社から数人選抜して、費用は全て会社で負担して船舶免許を取得してもらいました。今では、水陸両用バスの担当は15人程います。また社是として「腕よりも心で運転」という一節があります。当グループはバス以外にもタクシー、ハイヤー事業もおこなっており全てに共通しているのですが、やはり腕(技術)だけではなく、接客にも力を入れる、ということを会社を挙げて取り組んでいます。

入社後のキャリアパスの特徴を教えて下さい。

観光バスがメインなのですが、観光バスの繁忙期は春と秋に偏っていて、冬はどうしても閑散期になります。そこで色々な仕事に携わってもらうことによって、ある程度安定して仕事が割り振られて、収入の安定にも繋がると思います。運転手としてキャリアを究める道もあれば、指導運転手や運行管理者、所長等のキャリアに進む道もあり、選択肢は様々あります。
まず運転手として入社して頂くのですが、最初は有期契約からスタートとなります。準嘱託社員という形で入社し、最短1年間で嘱託社員、嘱託社員から正社員に登用という形になり、最短2年間で正社員登用という形を取っています。正社員になった後のキャリアパスは、そのまま運転スキルを磨いて頂く方もいれば、指導乗務員を経て運行管理者、いわゆる指導職という立場になり、その後所長代理、所長という形でマネジメント側になるキャリアもあります。
当社では、バス運転手はそのままバス運転手としてキャリアを積んでいただくことになっています。当社の特徴として、担当車両制を採っておりますので、年1回、自分の車両が変わり、担当車両が変わっていくことがステップアップになっています。最初はミッション車からスタートして、最後には連節バスの担当になる、という形です。勤続年数や運転技術、及び接客対応の評価をして車両の担当をお願いしています。

特徴的な福利厚生について教えて下さい。

健康管理では、 SAS(睡眠時無呼吸症候群検査)は3年に1回、脳ドックは5年に1回、費用は全て当社で負担して実施しております。また、インフルエンザ等の予防接種については、4,000円までは当社で負担するという制度も用意しております。
空港が起点・終点ですので、空港内に当社メインの休憩所があります。各事業所には大浴場、もしくは簡易シャワーがついております。最近はプライバシー重視ということでカプセルベッドの導入を進めています。今までは、仮眠室には木製の2段ベッドを設置していましたが、最近2ヶ所の事業所で合計130床をカプセルベッドに変更しました。休憩時間の快適性も増したのではないかと思います。
SASや脳MRI受診等を実施しております。他には、多くの観光バス事業者にはまだないと思いますが、当社の営業所には給油所や洗車機があります。多くの場合、乗務が終わった後、ガソリンスタンドに寄ってから帰る、もしくは洗車する、車内清掃する等の業務が発生します。当社は、そうした時間がかかる部分の負担をなるべく軽減したいと思っておりますので、営業所に給油所や洗車機を整備し、車内清掃は基本的に外注することで、仕事が終わってから退勤までの時間をできるだけ短くして次の日に備えてもらいたいと考えています。

勤務シフトについて教えて下さい。

毎月大体20日前後に翌月のシフトが決まるという流れです。月間の休日を8回として、ある程度パターン化した、6勤1休・3勤1休というシフトを組んでいるのですが、どうしても季節変動が発生します。そのパターンを崩さないと上手く割り当てができないので、そういう場合は休日を振り替えてもらいながら、休日8日は確保しつつ、元々の休日とは日にちが変更になることがあります。
4勤1休を繰り返すシフトで、1日目・2日目が日勤、3日目が泊り勤務、4日目が明け勤務です。明け勤務はダイヤにもよるのですが、大体午前9時~10時頃には終了となりますので、実質1.5日もしくは2日分の休息時間があるような形になります。また有給休暇の申請は基本的には受理されます。当社は有給休暇の消化率が大変高くて、ほとんどの人が休暇を繰り越さないですね。ただ、人気の日、例えばお子さんの運動会、入学式等の場合は殺到しますので、その場合は抽選になることもあります。
5勤1休、もしくは4勤2休でシフトを回しています。やはり1ヵ月前にはシフトを発表しています。

女性活躍推進のための考え、取り組みについて教えて下さい。

女性運転手は現在49名が在籍しています。女性運転手を増やしたい気持ちでしたり、また女性の育成についてはどの会社も尽力されていると思いますが、当社では女性運転手の交流を目的に研修会等を実施して、異なる営業所でも女性同士が交流できるようにしています。
女性運転手は8名在籍しています。羽田・成田に4名ずつ、全てランプバスに配属されています。今後は25名程度まで女性運転手を採用していきたいと思っています。3月16日付で初めて正社員登用となった女性運転手もいますし、5月16日付で養成制度を利用した女性を初めて採用しており、少しずつですが女性採用も進めております。また、理想としては、女性正社員運転手の人数が増えたら、航空会社から頂いているラッピングバスの担当に配属し、可愛らしいラッピングバスと共に女性バス運転手として活躍していただけたらなと思っております。
現在の在籍人数は全4つの営業所で3名おり、そのうち2名は無料の巡回バス、1名は観光バスを担当しています。その1名の観光バス運転手は、元々バスガイドをしていたことがあって、運転をやりたいということでバス運転手になった、少し変わった経歴を持っています。施設や労働環境等を整えながら、女性活躍推進には引き続き力を入れていきたと思っております。

人事部長・課長として、欲しい人材を教えて下さい。

これは神奈中採用課のメンバーで一致した意見なのですが、やはり好きなことは長く続けられるということで、運転が好きな人が一番だなと思っております。
お客様をお預かりする業務なので、健康管理に努めることができる方という点がポイントだと思っています。身体が丈夫で健康管理に努めることができる方、また、当社の場合、航空旅客で外国の方も多いので、おもてなしの心、一期一会の機会を大切にできる方、そういった方に是非入社して頂きたいと思っています。
先ほど「腕よりも心で運転」という話をさせて頂きました。当然技術も必要ではあるのですが、お客様を思う気持ちや、様々な車が行き交う公共の道路を走行する為、優しい運転ができる温厚な性格を持った方が一番かと考えております。腕(技術)は経験を積めば身につくと思いますので、温厚な方を中心に採用をさせて頂いております。

会社の今後のビジョン、アピールポイントをお願いします。

「チャレンジ」というのが一つのキーワードになるかなと思います。色々なイベントや、もしかしたらメディアに露出する部分等もあるのかなと思います。たぶんそれぞれ皆さんチャレンジする気持ち違うとは思うのですが、色々多様な業務があるというのは弊社の一つの特徴かなと思いますので、ご自身で合った形のものが一つでもありましたら、ご応募時に色々質問頂いて、そこから決めてもらうのもアリかなと思いますので、ぜひお越しになるのをお待ちしております。
当社は1日1,300便、年間933万人のお客様にご利用頂き、空港という非日常の空間で業務に携わることができる特別なバス会社でございます。空港業務のインフラの一部でもありますので、当社運転手の士気はとても高いものです。来年に迫ったオリンピック・パラリンピックに向けまして、社是をFriendly for allに進化させ、現在ソフト面、ハード面でも、全ての方に良質なサービスを提供できるように日々努めています。Friendly for allの精神をご理解頂ける方、且つオリンピック・パラリンピックに携わりたいという方につきましては是非当社の入社試験を受けて頂きたいと思います。リムジンバスの入社試験は難しいと業界内では言われておりますが、是非ともチャレンジをして頂きたいと思います。

おわりに

人事部長・課長によるトークセッションはいかがでしたでしょうか。
今後も、『どらなびEXPO』ではトークセッションを開催し、採用や実際の働き方について質問して参ります。お楽しみに!

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ

女性のためのバス運転手専門求人サイト バスドライバーnavi Woman OPEN!