ステージイベント

トークセッション

『どらなびEXPO2019春』東京会場で開催した『バス運転手によるトークセッション』で、バス運転手の方にお話し頂いた内容をご紹介!
現在の仕事内容や勤務シフト、バス運転手を目指す方へのメッセージ等を語って頂きました。実体験に基づくお話は転職活動に役立つこと間違いなし!

今回ご登壇頂いた男性バス運転手の皆様

株式会社東急トランセAさん

東京空港交通株式会社Uさん

東京ヤサカ観光バス
株式会社Mさん

目次

現在のお仕事内容を教えて下さい。

東京ヤサカ
観光バス
Mさん
約20年前に運転手として入社して、7年程運転職をして、今は運行課で人事管理等の業務をメインに、必要に応じて運転業務も行っています。当社は観光専業のバス会社で、大手旅行会社の大口顧客の団体様を扱うことが多いです。
東京空港交通
Uさん
現在入社3年目で羽田空港運行事業所に所属しています。羽田空港と、各主要都市、東京だと新宿・渋谷・池袋等を結ぶ、リムジンバスの路線を担当しており、12mサイズのバスを運転しています。
東急トランセ
Aさん
現在入社2年目で弦巻営業所に所属しています。主に渋谷駅を起終点とする、路線バスを担当しています。路線バスは通勤通学お出掛けなど、様々な目的でご利用されるお客様がいらっしゃいます。

バス運転手になろうと思ったきっかけと、大型二種免許をどのように取得したかを教えて下さい。

東急トランセ
Aさん
運転が好きだったので運転職につきたかったということ、また地元では東急バスがたくさん走行していて、「見慣れたバスに乗りたい」と思ったことが、今の会社に入ったきっかけです。大型二種免許を持っていなかったので、養成制度を利用して取得しました。入社後、給料をもらいながら2ヶ月くらい教習所に通って免許を取得し、研修センターで1ヵ月くらい座学と運転の練習をして、営業所に配属され、今に至ります。
東京空港交通
Uさん
子供の頃からバスの運転手になることが夢でした。小さい頃、家の目の前にバスの車庫があって入庫する様子を見ていたのですが、きれいに駐車場に入っていくバスが「格好良いな」と、ずっと憧れを持っていました。以前は違う仕事をしていましたが、「やっぱりバスが良い」と思いまして、空港や飛行機好きだったこともあり、「リムジンバスに乗ろう」と思って入社しました。大型二種免許は持っていなかったので、養成制度を利用して取得しました。
東京ヤサカ
観光バス
Mさん
最初は旅行関係の会社に入社して、主に営業等をしていたんですけれども、やはり一番やりがいがあるのはお客様と一緒に現場にいる時だと感じていましたので、現場で一番お客様と向き合える運転手になろうと思いました。私が大型二種免許を取得した頃には養成制度等がなかったので、民間の練習場で練習して、試験場で試験を受けました。受験7回目、大体半年くらいかかってやっと合格できました。当時は本当に苦労しました。

勤務シフトについて伺います。お休みはどのように決まるのでしょうか?

東京ヤサカ
観光バス
Mさん
路線バスの会社と違って、勤務体制は受注に応じて決まります。休みの日は明らかになりますが、それ以外の部分は2~3日後までしか分からないので、例えばプライベートで急に「○日遊びに行こうよ」と誘われても、返事がしづらい時がありますね。また、季節変動もあります。観光バスの会社なので、団体で出掛けない盆暮れ正月ゴールデンウィークは閑散期となります。そういう時期は休みを取りやすいのですが、当社は学校関係の仕事が多いので、火・水・木・金はとても忙しいですね。もちろん、休みの希望がある日に関しては、会社が調整してできる限り融通します。冠婚葬祭もほぼ100%休めますし、希望が通るかなと思います。
東京空港交通
Uさん
当社は4勤1休という体制で、日勤・日勤・泊まり・明け・休みとなっています。このサイクルが崩れることはないので、極端なことを言えば10年後の休みまで分かります。私の所属する事業所では、早い日は朝の5時半から、遅い時でも夜10時を過ぎることはないような勤務時間です。4日目も午前中までには仕事が終わるので、実質2連休みたいなものなのですね。申請すれば、有休もほぼ取れます。
東急トランセ
Aさん
4勤1休、4勤2休、というサイクルで回っており、基本的にそのサイクルが崩れることはありません。有休については、シフトが貼り出されるのが大体2ヶ月くらい前なので、その頃に申請を出します。「有給休暇は取りづらい」というイメージがあったのですが、私が申請した有休は今のところ全部通っていますし、会社の人たちも「休んでいいよ」という雰囲気なので、嬉しいですね。2日休みのうち1日は、休日出勤ということで乗務を頼まれることはたまにあります。ただし、それもシフトを決める段階で聞かれるので、直近になって依頼されることはあまりありません。休日出勤した場合は、もちろん休日出勤手当をもらえます。

お昼休み(中休)はどのように過ごしていますか?

東急トランセ
Aさん
私の営業所では、基本的に営業所の休憩室で昼食を取る人がほとんどです。昼食は、近くのコンビニで買ってきたり、定食屋さんに食べに行ったりしています。営業所で先輩や後輩と過ごす時間が長いので、「今日こんなことがありました」みたいな話をほぼ毎日しています。
東京空港交通
Uさん
休憩は、事業所に帰るか、羽田・成田空港の待機場に入って過ごすことが多いです。羽田空港内にお弁当を買いに行く人、愛妻弁当を持ってくる人、バスの中で食べる人、みんなと一緒に食べる人等様々です。空港の社員食堂を使うこともできます。
東京ヤサカ
観光バス
Mさん
お昼は仕事によって千差万別で、色々なところに行って楽しんでいます。私は昨日も乗務していて、幼稚園の遠足で千葉市のとある公園へお連れしたんですけれども、朝の9時か10時くらいに観光バスが30台くらい駐車しているところに、蕎麦屋のおじさんが注文を取りに来るんですね。そういうこともありますし、本当に時間が無い時は、コンビニで済ませることもありますし、団体のお客様と一緒である役得と言いますか、ドライブインでだいぶ割引がきいたり、無料になったりすることもあります。そういうことを楽しめる方だと面白い仕事だなと思って頂けると思います。宿泊の仕事もありますので、そういう時は夕食と朝ごはんがついていて、いわゆるタダ飯を食べられるような感じです。

バス運転手になる前と後で、想像していたことと違ったことはありましたか?

東京ヤサカ
観光バス
Mさん
新人の人にも話すことですが、バスってすごく割り込まれるんです。バスって「ひとのいい優しそうなおじさんが運転していて『どうぞ』って入れてくれる」、車線変更しやすいイメージがあると思うんですけれども、頻繁に割り込まれますので、それに毎回腹立たしい思いをしていると、できない仕事かなと思います。それに対応するには、慣れていくこと、「どうぞ前に入ってください」という気持ちで自分の心を動かされないようにすることが、一番の対応策かなと思います。ちょっと気の短い人にはつらいかもしれません。
東京空港交通
Uさん
道を走るのがこんなにも難しいことなのかと思いましたね。何も考えずにいたらすぐ事故にあってしまいます。事故を防ぐためにも、睡眠時間が大事だなと思います。睡眠不足だと、先程お話があった割り込みなど本当にちょっとしたことでイライラしてしまいます。よく寝てよく食べてよく運転する、これが一番大事ですね。勤務が終わって次の出勤までは12時間は空くので、寝る時間はきちんと確保できています。
東急トランセ
Aさん
運転する時の視野が広がったと思います。あらゆるところから自転車が走ってきますし、割り込みもありますので、走行中、右から来る車は、全部割り込まれても平気、と思えるような心持ちで運転しています。私には、プロドライバーとして、見本になる運転をしたいという目標がありますので、バスを運転していても、乗用車を運転していても、誰に見られても見本になるような運転を心掛けています。将来的には、ステップアップして、空港バスや観光バスに乗務したいと思います。

バス運転手を目指す皆さんに一言ずつメッセージをお願いします。

東急トランセ
Aさん
当社は観光バスの会社です。旅行というのは、人生の中でも一番いい、幸せな時間だと思います。修学旅行、遠足等のことを今でも覚えている方も多いと思いますが、そういった意味でやりがいを感じるシーンが多くあります。「運転手さんのおかげでいい旅行ができました」と嬉しい言葉を頂くこともあります。お客様をお乗せしている時間も長いですから、その分接客レベルも高いものを求められますが、お客様に喜んで頂ける、ということを幸せややりがいに感じて頂ける方だと、とても良いのではないかと思います。
東京空港交通
Uさん
「とりあえず大学を出て、とりあえず就職して…」と考えていると、ほとんどの方はバス会社を選ばれないと思います。心の中で、運転手への憧れとか運転が好きという人達が集まる会社なので、ずっと続けていけると思います。リムジンバスというと「英語が話せなければ無理だろう」と思われる方もいるかもしれませんが、僕は全く話せません。笑顔でにこやかに、ボディランゲージで対応できれば大丈夫だと思います。バス運転手は、すごく楽しいし、和気あいあいとしているし、自慢できるし、意外とモテます(笑)。出先で、よく「運転してくれ」と頼まれることもありますけども、そういう時に首都高を迷わず運転できると「おー」って、驚かれることもあります。誇りをもって仕事をできると思います。ぜひ皆さん一緒にやりましょう。
東京ヤサカ
観光バス
Mさん
この仕事は、毎日、いろんなシーンを見られる仕事だと思います。バスを運転していると、道路上でも、車内でも、温かい気持ちになる瞬間や、やっててよかったと思える瞬間に必ず出会える仕事だと思います。ぜひバスの運転手になってください。

おわりに

現役男性バス運転手のお話しはいかがでしたでしょうか。
少しでも、皆さんの転職活動の参考になれば幸いです。今後も『どらなびEXPO』では、トークセッションを実施し、現役バス運転手の方にお話し頂きますのでお楽しみに!

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ

女性のためのバス運転手専門求人サイト バスドライバーnavi Woman OPEN!