どらなびEXPOステージイベント特別コンテンツ

女性バス運転手によるトークセッション 関西会場

『どらなびEXPO2018秋』関西会場のステージイベント『女性バス運転手によるトークセッション』で、現役女性バス運転手の方にお話し頂いた内容をご紹介!
男性のイメージが強いバス運転手という仕事に興味を持ったきっかけ、現在の仕事内容、バス運転手を目指す方へのメッセージ等を語って頂きました。過去「どらなびEXPO」に参加し、バス運転手への転職を実現させたお二人のお話は、転職を考え始めた方にもきっと役立ちます!

今回ご登壇頂いた女性バス運転手の皆様

阪急バス株式会社Mさん

近鉄バス株式会社Cさん

目次

現在のお仕事内容と、営業所について教えて頂けますか?

近鉄バス
Cさん
京都の西の方にある、洛西営業所に所属しています。近鉄バスの運転手ですが、当社は京都市バスも運行受託しているため、普段は京都市交通局の路線バスを運転しています。営業所には車両が104台あり、バス運転手は約150人在籍しています。女性の運転手は私一人です。女性は一人ですが、女性専用の休憩室・シャワールームがあります。その他、2階のロビーにジムのような、トレーニングをするスペースもあります。
阪急バス
Mさん
吹田営業所に所属しています。私は駅と会社を結ぶ路線バス・コミュニティバスを担当し、路線バスと大型バス、中型バス、マイクロバスを運転しています。営業所全体で運転手は70人、うち女性運転手は私を含めて11名います。営業所には女性用の休憩室・仮眠室等はしっかり整備されていますし、今はパウダールームも整備中なので完成を楽しみに待っているところです。私は自分でお弁当を持って行きますが、社員食堂もあります。珍しいものでは卓球室もあります。趣味のクラブ活動も盛んです。

バスの運転手になったきっかけを教えて下さい。

阪急バス
Mさん
小さい頃に女性運転手の運転するバスに乗って、バス運転手になりたいなと思っていました。2016年の「どらなびEXPO」に来場した時に、阪急バスの女性運転手がこのステージに登壇しているのを見て、阪急バスに応募しようと思いました。私は教習所に通って大型二種免許を取ってから阪急バスの試験を受けました。
近鉄バス
Cさん
乗客として京都市バスに乗った時、たまたま女性運転手が運転するバスで、とても対応が良く、気持ち良い状態でバスを降りたことが記憶に残っていて、私もそう思ってもらえるような運転手になれたらいいな、と思ったことがきっかけです。私も2016年秋の「どらなびEXPO」に来場して、近鉄バスと他2社を回り、近鉄バスの試験を受けました。大型二種免許は持っていなかったので、会社の養成制度を使って駒ヶ根自動車学校で教習を受けて取得しました。教習期間中もアルバイト代が1日6,000円つき、長野のアルプス山脈を初めて見ることができ、その上お食事も美味しく部屋がきれいで、旅行をしたような気分で免許を取ることができました。

運転しているときに特に気をつけていることは何ですか?

阪急バス
Mさん
小さなお子様がお母様と一緒に乗られることがあるのですが、お子様ははしゃいだり立って歩いたりされるので、車内ミラーは特に確認するようにしています。危ないときは停車し、座って頂けるようにアナウンスします。満員の時はきちっとしていて、実はあまり揺れないのですが、お客様がまばらにお立ちになっている時は、車内ミラーをよく見ています。
近鉄バス
Cさん
お年を召した方が多いところを走っていますので、「おつかまり下さい」「ブレーキがかかります」という声かけに気を付けています。揺れないような運転を心がけるのですが、あまり時間を気にすると焦ってしまうので、「遅れて申し訳ありません」とアナウンスでカバーして、安全運転に努めています。

女性バス運転手を増やすために、会社やバス業界はどのような対策が必要だと思われますか。

阪急バス
Mさん
仕事内容や募集状況等、情報を広く発信していくことが大事だと思います。私の場合は、どうやったらバスの運転手になれるのかが分からなかったので、もっと「女性もバス運転手になれる」ということを発信していくことが必要だと思います。
近鉄バス
Cさん
「バス運転手はほとんど男性」というイメージがまだまだあると思います。もっと発信が必要だと思うのは、休憩室や勤務シフトです。朝早くから夜遅くまでの勤務が大変そうなイメージがあるようで、現に若い女性のお客様が「私もバスの運転してみたい、かっこいいな」と言っていたのですが、お友達が「えー大変だよ、やめときなよ」と言っているのが聞こえました。私も「バス会社においで」と言いたかったのですが言えなくて、その話を会社に伝えたところ、課長や所長、役員等、会社を上げて女性運転手を増やしていこうという方向で動いてくれて、今はとても変わってきています。女性運転手用の路線を作ったり、女性は遅くても夜9時半には終わるような路線のみを走ったりするようになっています。

バス運転手を目指す方にメッセージをお願いします。

近鉄バス
Cさん
バス運転手は、とても楽しい仕事だと思います。お客様との関わりもあるでしょうし、運転は、一乗務一乗務区切りがつくので、毎日早く終わるように感じます。ぜひ楽しんで仕事をして頂けたらなと感じます。
阪急バス
Mさん
私も最初に持っていたイメージでは、「バスの運転手って勤務時間が長そう、しんどそう」だったのですが、入社し、約1年半ほどではありますが、実際に仕事してみると、意外とそうでもありませんでした。私の会社は男女別に勤務の差がある訳ではないのですが、会社の方も「ちょっと休みたい」「もっと頑張って稼ぎたい」等、意外と融通が利くので、まずはチャレンジして欲しいなと思います。入社して頂いたら絶対良さがわかると思いますので、ぜひ一緒にバス運転手として頑張りましょう。

おわりに

現役女性バス運転手のお話しはいかがでしたでしょうか。
少しでも、皆さんの転職活動の参考になれば幸いです。今後も『どらなびEXPO』では、トークセッションを実施し、現役バス運転手の方にお話し頂きますのでお楽しみに!

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ

新着求人情報(毎週月曜日更新)

新着求人情報の一覧を見る