バス運転手になるには-選考試験-筆記試験編

転職の選考試験は誰でも緊張するものです。「バス運転手の採用試験って何をするのだろう?」「内定をもらいたいから、できれば選考対策をしておきたい。何をしたらいいかな?」と不安に思うことはありませんか?
本ページでは、バス運転手専門の転職キャリアコーディネーターが「バス運転手の選考試験」に特化して、その種類や対策についてご紹介します。

選考内容は、他業界同様会社によって異なりますが、バス会社の選考試験の種類は大きく分けて5種類あります。「①筆記試験」「②実技試験」「③健康診断」「④初任診断」「⑤面接」です(健康診断や初任診断は、内々定後や入社後に受診することもあります)。
今回は、①筆記試験について解説していきます。

❶筆記試験

一般常識

回答方法は、選択式や記述式等様々です。分野は以下のようなものが多いようです。

最近のニュース・時事問題
→ 政治・経済を中心に、新聞やテレビのトップニュース等をチェックしておきましょう。
簡単な漢字の読み書き・計算問題等
→ 道路標識の読みや四則計算等の出題が多いようです。
交通法規やバス・自動車の構造等
→ 自動車教習所等で教わる内容が主なようです。

その他、地理にまつわる問題が出題されることもあるようです。


小論文

小論文のテーマや文字数は、バス会社により異なります。運転にまつわることや、ご自身のこと(自己PR)等をテーマに400文字~800文字程度書くという試験が多いようです。

キャリアコーディネーターからのアドバイス

書き方のコツは、テーマに対する自分の考えや思いの「結論を先に書く」ことです。このように書くと、書くことが整理されて書きやすくなりますし、読み手に取っても分かりやすくなります。
また、書く内容はもちろんですが、人となりが表れる言葉遣いや文字の丁寧さも重要です。落ち着いて丁寧に書くよう、心がけましょう。


適性検査・クレペリン検査

適性検査には、IQテストのような、制限時間内に図形を沢山描くなどの検査があります。
中でもよく見受けられる「クレペリン検査」(正式名称は「内田クレペリン精神検査」)は、1列に並んだ1桁の数字の計算を一定時間繰り返すテストです。いずれの検査も受検者の性格・職業適性をみる検査の一つとなっています。
クレペリン検査は練習サイトや練習本もあるようですので、選考項目にある場合は事前に練習をしておくことをお勧めします。

次回は、「②実技試験」「③健康診断」「④初任診断」について解説致します。

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ