バス運転手になるには-迷わない!応募準備-履歴書の書き方編

「バス運転手になろう!」と思って様々なバス会社を比較検討し、「よし!この会社に応募しよう!」と決めた時、「履歴書って、サイズが色々あるし、手書きかパソコン、どちらで作成すればいいのだろう?」「どうしてもこの会社で働きたい! どうしたら、バス会社への印象が良くなる履歴書になるかな?」「履歴書以外にも必要な書類があるようだ。何を書けばいいのだろう?」と、ちょっとした「迷い」「疑問」が浮かんでくることはありませんか?
ここでは、バス運転手になりたい方を対象に、バス会社への応募準備について、バス運転手専門の転職キャリアコーディネータ―が解説します。

履歴書・写真の用意編はこちら >

履歴書

履歴書の書き方

以下の見本を確認しながら、各項目のポイントを解説していきます。

基本情報欄

  • 住所は、建物名までしっかり書きましょう。
  • 連絡先は、携帯電話の番号だけでも問題ありません。

学歴・職歴欄

  • 学歴と職歴を分けて書きましょう。
    中卒の場合は小学校の卒業年月と中学校の入学・卒業年月、高卒の場合は中学校の卒業年月と高校の入学・卒業年月、大卒の場合は中学校の卒業年月と高校・大学の入学・卒業年月を記載するようにしましょう。
  • 職歴について、アルバイト勤務の場合は必ずしも書く必要はありませんが、その勤務が長い(〇年程度)場合は書いても良いでしょう。

免許・資格欄

  • 資格名を正しく書きましょう。
    「普通自動車第一種免許 取得」、又は「普通自動車第一種運転免許 取得」
    「大型自動車第二種免許 取得」、又は「大型自動車第二種運転免許 取得」
  • 所持資格が多い場合は、運転に関わる資格を優先的に、時系列で書きましょう。

よくあるご質問

なぜ、「普通自動車免許」だけではダメなのですか?
キャリアコーディネーターの回答

バス運転手として働くには、「大型二種免許」が必須であり(大型二種免許についてはこちら)、現在所持している免許によって、養成制度での採用になるか、養成制度であれば学科が免除になるのか等、内容や修了時期に差が生まれる為です。
その為、現在所持している免許が第一種なのか第二種なのか、またAT限定なのかMTなのか等きちんと書いておいた方が良いでしょう。

志望動機欄

  • 志望動機欄には、「なぜバス運転手になりたいのか」「数あるバス会社の中で、なぜ、そのバス会社を選んだのか」「これまでの経験をどのように活かせるか」「どんな気持ち・姿勢で頑張るのか」等を書くと良いでしょう。
    志望動機の欄の8割以上を埋めるようにすると、バス会社へ熱意が伝わり、好印象となるでしょう。

通勤時間欄

  • 営業所が1か所のみ等、配属場所が分かる場合はしっかりと書きましょう。入社後に配属営業所が分かる場合には、空欄でも問題ありません。

扶養家族欄

  • 扶養欄・配偶者の有無もしっかり〇をしましょう。

扶養家族とは?

「扶養」とは「生活の面倒を見る」という意味があり、扶養家族とはその対象となる家族のことを指します。例えば、自身の収入がメインで妻と子供2人を養っている場合、扶養家族は「3人」となります。通常履歴書には、扶養家族欄に「配偶者を除く」と注意書きがある為、配偶者を除いた人数(この場合「2人」)を記入します。
なお、扶養には以下のような条件があります。

  • 年間の見込み収入が130万円未満かつ被保険者(自身)の年収の1/2以下
    上記の条件に当てはまり、以下のいずれかに該当する方です。
  • 配偶者・子・孫・弟妹・父母
  • 上記以外の3親等内の親族(義理の父母等)で同居している人
  • 内縁の配偶者やその父母・子

バス会社側はこの欄から、健康保険や家族手当など諸手当の手続きの要不要を判断します。しっかりと記入しましょう。

本人希望記入欄

  • 連絡が取れない曜日や時間帯(又は取りやすい時間)等がある場合は、その旨を記載しておくと、バス会社の人事担当者に対して親切で良いでしょう。

キャリアコーディネーターからのアドバイス

希望営業所等は書かない方が良いとされていますが、何かしらの事情で「この営業所しか通勤出来ない」等、あらかじめ伝えるべき事項とご自身で判断した場合は記載しましょう。

次回は、履歴書の他に必要な「運転記録証明書」「運転免許証」について解説します。

一般社団法人 女性バス運転手協会コンテンツ