空港アクセスバス・アライアンス設立記念特集

2019年2月1日に、日本各地の空港アクセスバスを運行しているバス会社12社が「空港アクセスバス・アライアンス」を設立いたしました。従来は空港ごと、バス会社ごとに提供している空港アクセスバスの情報を、一度に検索できるポータルサイトを開設し、日本人だけでなく、訪日外国人旅行者にも分かりやすく提供していくとのこと。そこで今回はこの「空港アクセスバス・アライアンス」について、事務局を担当している東京空港交通株式会社経営企画部経営企画課の森俊介係長と人事部の堀隆史人事課長に、同アライアンスの設立の経緯や今後の展開、空港アクセスバスの魅力についてお話を伺いました。

■空港アクセスバス・アライアンス参画企業一覧(50音順)(2019年2月現在)

  • 伊予鉄バス株式会社(松山空港)
  • 大阪空港交通株式会社(大阪国際空港、関西国際空港)
  • 関西空港交通株式会社(関西国際空港、大阪国際空港)
  • 京成バス株式会社(成田国際空港)
  • 京浜急行バス株式会社(東京国際空港)
  • 東京空港交通株式会社(成田国際空港、東京国際空港)
  • 西日本鉄道株式会社(福岡空港)
  • 広島電鉄株式会社(広島空港)
  • 北陸鉄道株式会社(小松空港)
  • 北海道中央バス株式会社(新千歳空港)
  • 宮城交通株式会社(仙台国際空港)
  • 名鉄バス株式会社(中部国際空港)

2月1日に発足した「空港アクセスバス・アライアンス」。設立の経緯や目的、今後の展開についてお話を伺った、「空港アクセスバス・アライアンス」事務局を務めている東京空港交通株式会社経営企画部経営企画課の森俊介係長(右)と人事部の堀隆史人事課長(左)。

空港アクセスバス・アライアンス(Airport Bus Alliance、以下ABA)設立の経緯を教えて頂けますでしょうか。

ABAに関しては長い期間をかけて構想してきました。当社(東京空港交通)は東京にて空港リムジンバスを走らせていますが、同じように関西には大阪空港交通さまや関西空港交通さま、他の地域にもそれぞれ空港アクセスバスを走らせていらっしゃるバス会社さんがいらっしゃいます。そういった中で、単独の一地域でやっているよりも、空港アクセスバスを走らせているバス会社同士で、広いエリアでさまざまな連携をした方がより効果的な施策を実施できると考え、まずは当社、大阪空港交通さま、関西空港交通さまの3社で何度も話し合いを重ね、アライアンスのコアの部分を考えました。その後、航空旅客が多く国際線も就航している空港であること、日本全国の地域バランスも考慮し、3社で全国のバス会社さまに声をかけさせて頂き、設立に至ったというのが経緯となります。

設立の目的について教えてください。

ABA設立の目的ですが、空港アクセスバスを利用するお客様に対して、一地域だけではなく日本全体でさまざまな取り組みを行うことで、効果的なサービスの提供や利便性向上を目指しております。

ABAの具体的な活動について教えてください。

まずはABAのポータルサイトを設置し、日本全国の空港アクセスバスに関する情報が一度で分かるプラットフォームを構築し、全国の空港アクセスバス情報を一元的に提供して参ります。このポータルサイトは日本人のお客様はもちろん、訪日外国人旅行客にとっても大変有益と考えています。日本政府は2020年に訪日外国人旅行客を4000万人にするという目標を掲げています。海外から来たお客様が最初に使う公共交通機関が空港アクセスバスということも多いのですが、訪日外国人旅行客にとって空港アクセスバスの情報を入手することは様々な会社が多元的に提供する情報を調べる必要があり難しかったことを踏まえ、ABAは、ポータルサイトで日本全国の空港アクセスバスについて調べることを可能にしました。ABAの具体的な活動としては、このポータルサイトによる情報提供をはじめ、参画会社による共同プロモーションで日本の空港アクセスバスを国内外にPRしたり、訪日外国人旅行客の利便性増進に向けた施策の実施に向けた検討などを行って参ります。

今後はどのような活動を行っていく予定ですか?

まずはアライアンスに参画するバス会社同士で、相互に理解を深めていき、お客様のためになるサービスをできるところからやっていく予定です。将来的には、より強固な連携を目指し、チケットの予約や発券などがすべてワンストップでできるような、全国共通サービスみたいなものができればよいと考えています。

空港利用者の足として活躍する空港アクセスバス。観光立国を目指す日本にとって、今後も重要な役割を担なっていくことだろう。

どらなびユーザーに向けて、空港アクセスバスに乗務する運転手の魅力とかやりがいについて教えて頂けますか?

空港アクセスバスの乗務員が魅力的であると感じる瞬間は、非日常の空間である空港というインフラの中で働けるという点ではないでしょうか。また、海外から来られるお客様にとっては一番初めに日本で触れる公共交通機関であり、海外に戻られるお客様にとっては日本での最後の公共交通機関ですので、空港アクセスバスのサービスによって日本の印象が変わると考えています。そういったところをやりがいに感じている乗務員も非常に多くおります。ABA設立を機に空港アクセスバスに興味を持って頂いて1人でも多くの空港アクセスバス運転手が誕生することを期待しています。

現在掲載中の空港アクセスバス・アライアンス参画バス会社の求人はこちら

女性のためのバス運転手専門求人サイト バスドライバーnavi Woman OPEN!

新着求人情報(毎週月曜日更新)

新着求人情報の一覧を見る